So-net無料ブログ作成

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術 株式会社リアルスタイル [長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術]

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術 【NK0001】

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術 【NK0001】



15年間、大洋ホエールズと阪神タイガースでプロ選手として活躍。大洋時代では、主力打者として活躍。「和製ミッキー・マントル」と称される。また、1982年のシーズンには、打率.351の高打率でセントラルリーグ首位打者となる。

阪神時代では主に代打で活躍し、21年ぶりの阪神タイガースセ・リーグ優勝、そしてチーム初のシリーズ優勝に貢献する。(日本シリーズ第6戦では勝利を決定付ける満塁本塁打を放った。)

現役引退後は、よみうりテレビで野球解説者として活躍した後、1993年に阪神の打撃コーチに就任。そして、シドニー五輪日本代表チームのコーチ等、指導者としての道を歩み始める。

現在では、自身が校長を務め、元プロ野球選手がコーチとして10人(長崎を含む)在籍する
「MAXベールボールスクール」にて、少年から大人まで野球指導に熱意を燃やす。
※(1981年~1987年まで長崎啓二の名前で活躍。)

•1972年 ドラフト1位で大洋ホエールズに指名され、プロ入り。
•1982年 首位打者受賞、ベストナイン受賞、オールスターゲーム出場。
•1985年 阪神タイガースへ移籍(1987年引退 通算1000試合出場)。
•1993年 阪神タイガース打撃コーチへ就任。
•2000年 シドニー五輪日本代表コーチへ就任。
•2001年 2008年 MAXベースボールスクール開設。校長を務める。

野球をする人であれば、誰もがこのように悩みます。

きっと、貴方のお子さんも、教え子もこのように悩まれている事でしょう。

そして、貴方も同じように

「どうすれば、バッティングを上達させてあげられるのか?」

と悩み、子供の夢を叶える為、いろいろと試行錯誤されている事でしょう。

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術

実際、わたしが校長を勤めているMAXベースボールスクールには

「もっと打てる選手になりたい!」

このような思いを持って、今も多くの野球少年、青年、時には保護者の方まで
彼らの夢を叶える為に、汗を流してがんばっています。

とても素晴らしい事ですよね。

わたし達は、人生を豊かに送る上で欠かせない「努力」を、
野球を通じて子供に教えることが出来るのです。

しかし、貴方が思っているように、バッティングはそう簡単に上達致しません。

特に少年への指導となると、これは本当に難しい事なのです。

実際にわたしも、少年へのバッティング指導にはとても苦労した経験があります。

わたしはプロを引退して22年後、少年選手の野球指導を本格化させました。

それまで、阪神タイガースの打撃コーチや、シドニー五輪日本代表チームのコーチとして
プロ選手を指導する機会は多くありました。

だからこそわたしは、自分の理論と指導法に自信がありました。

「1人でも多くの少年の夢を叶えてあげたい。」

「彼らの才能を開花させ、野球を好きになってもらえる子供を増やしたい。」

このような思いで、少年野球の指導現場に乗り出したのですが、
実際に体験した指導現場は自分のイメージとはまったく違いました。

とにかく、わたしのバッティング理論や技術が子供に伝わらないのです。

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術 ~お子さんのバッティングを激変させる、6つの法則~

長崎慶一 打撃講座 高弾道打撃術 【NK0001】

今まで数多くのプロ選手が納得し、実践してきた技術やトレーニング法が
どのようにしても伝わらないです。
野球上達法
そこで初めて気付きました。

少年の場合、プロの理論をそのまま教え込むだけでは成長しないのです。

子供でも分かる言葉づかい、言い回し、伝え方を考えなければ、
逆に子供を混乱させてしまうだけなのです。

そうしてわたしは試行錯誤を重ね、今までプロの選手を指導して実績を出せた
バッティング技術を子供でも実践出来るような方法を開発してきました。


怒鳴りながら、無理やりお子さんのクセを矯正する方法では御座いません。

今の子供は昔と違い、叱れば叱る程やる気とガッツを失う傾向があります。

だからこそ、わたしは敢えて優しい言葉で子供のクセを活かしながら、
結果的に理想のバッティングが手に入れられる指導法を開発したのです。

なにやら、わけの分からない、難しい方法に聞こえてしまいますよね?

ご心配なく。

このトレーニング法は、既に当スクールで沢山の野球少年が実践し
結果が出ている具体的なトレーニング方法です。

そして、貴方に野球指導経験が無くても、今直ぐ実践して頂ける内容です。

ものは試しです。

実際に、その一部を今から貴方にも体験していただきましょう。


>>更に詳しい内容はこちらから








共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。